無精子症に効くサプリメント

不妊に悩むカップルの多くは、女性側に問題があるという結論をつけることがほとんどです。

なぜならば、男性側は、セックスや射精が普通に出来ることが多いからです。
女性の同じことが言えますが、見た目で正常だとわかりやすい男性の状況と、男性という生き物の特徴から、どうしても責任や原因を女性側に押し付けてしまうことが多いのです。

しかしながら、自宅で行える検査キットや、クリニックなどを受診し、自分が無精子症だと発覚してしまった場合には、かなりのショックを受けることでしょう。

手術で治る可能性がある場合でも、そのコストや肉体的、精神的なダメージを考えると、そうそう簡単に決められるものではないでしょう。

ここでは手術を決断する前にサプリメントで治療をする方法について紹介していきます。

精子の生産を手助けしてくれるサプリがある

この病気にかかってしまえば、手術をしなければ治らない。
こういった思い込みは危険です。
まず、閉塞性と非閉塞性の二つがあるのは、ご存知でしょうか。

閉塞性は通り道が塞がっている状態。
この場合には手術をする必要があるでしょう。

しかしながら、非閉塞性といって、通り道は正常なのに、精子そのものが生成されない。
もしくは、妊娠に必要な量が生成されないというケースの場合には、手術をしても無駄です。

この場合には、精子が作れる身体を作らなければならないわけですね。

そこでオススメなのが、精子を生成してくれるような身体になるサプリメント。
まずはクリニックを訪れ、本当に病気にかかっているのかどうか。

そして閉塞性なのか、非閉塞性なのかの判断をつけましょう。
非閉塞性であれば、積極的に取り入れるべきでしょう。

マカ・クラチャイダム系のサプリメントが話題になっている

そのサプリというのは、マカやクラチャイダムといった天然植物が減量になっているサプリメントです。
精力剤やEDへのアプローチにも優れているということで、話題になっているサプリメントです。

この天然植物は、古い時代から使われているもので、漢方などでも利用されています。
勃起力の向上のみならず、精子の生成も手助けしてくれると言われていますから、非閉塞性の無精子症の方であれば、可能性を高めるという意味合いでも、取り入れてみることをオススメします。